中国旅行をきっかけに、2007年2月に中国語の勉強を開始。仕事の合間に学習を続け、2年弱で中検2級、3年弱でHSK8級を取得しました。 日々の出来事、思った事など中国語で書いていきます。
  • 2010/06
  • 2010-07 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2010/08
10-25) 箱根の寄木細工体験
2010年07月25日(日) 23:19
上个星期,我的法国朋友来日本出差了。这次他第三次来日本了。
他总是给我们带点儿礼物,所以我能尝尝法国的酒和点心。
Calissons1
【Calissons1】
Calissons2
【Calissons2】

他这次带来的是叫Calissons的点心(另外还带来了一些点心)。
箱子和里面的东西都好看,而且有独特的味儿,非常好吃。听说,这个点心是
用甜瓜和巴旦杏做的。

这次我们和法国朋友一起去小田原旅游。我们去了小田原城,还吃了新鲜的鱼
和鱼糕。

这次去的地方之中,我最喜欢 “寄木细工” 体验教室。“寄木细工” 是一种
箱根地方的传统工艺。
我们去了“本间木工所”,在那里除了卖寄木细工的产品以外,还展览过去的
产品,还举办体验教室。参加体验教室的人能自己做寄木的杯垫。
寄木细工1
【寄木细工1】
寄木细工2
【寄木细工2】
寄木细工3
【寄木细工3】

在体验教室里,我们先从7,8种的图案之中选择一种,而把一个一个的木片用
黏合剂贴在一起。然后,用锉刀锉,涂漆,弄干,杯垫就做完。
做杯垫很简单,可是挺有意思。

寄木细工的颜色是五彩缤纷,非常漂亮,其颜色都不是着色的颜色,而是自然
的。听说,有时候,配合二十种以上的木片画花样。

木工所的主人实在具有手艺人的秉性。
“可以照张相吗?” 我问他的时候,他脸上露出了严肃的表情说:“你照张相
干什么?”,“我想贴在我的日记” 我回答道,“那算是可以了吧” 终于他
答应了。
之后,我又问了他这个那个以后,他送给我两张特别漂亮的寄木薄板。我明目
张胆地对他说,“能不能再给我两张?我们一共有四个人。”他一边说:“这不
是便宜!”,一边为我们刨了两张。他这个人是臭嘴不臭心的很热情的人。

我真的建议有去小田原的机会,一定去参加寄木细工体验教室。






先週、フランスの友人が日本に出張に来ました。3回目の来日です。
いつも、お土産を持ってきてくれるので、フランスのお酒やお菓子を味わう
ことができます。

今回持って来てくれたのは、このCalissonsというお菓子です(他にもいくつ
か持ってきてくれました)。箱も中身もしゃれた感じで、独特の香りがあり
おいしかったです。このお菓子は、メロンとアーモンドでできているそうです。

今回、フランスの友人たちと一緒に小田原旅行に行って来ました。
小田原城に行ったり、新鮮な魚やかまぼこを食べたりして来ました。

今回、一番気に入ったのは、「寄木細工」体験教室です。寄木細工は、箱根
地方の伝統工芸です。
私たちは、本間木工所という所に行きました。そこでは、寄木細工の販売
以外に、昔の寄木細工を展示していたり、寄木細工の体験教室をやっています。
体験教室では、自分で寄木のコースターを作ることができます。

体験教室では、7、8種類のデザインから1種類を選んで、一つ一つの木片
をボンドで接着します。それから、やすりで滑らかにして、ニスを塗った後に、
乾かすと完成です。
コースターを作るのは、とても簡単ですが、かなり楽しいです。

寄木細工は、色とりどりで、とてもきれいなのですが、どれも着色はしておら
ず、すべて天然の色だそうです。
20種類以上の木を組み合わせて模様を作る事もあるという事でした。

店の主人は、いかにも職人気質という感じの人でした。まあ、いいだろう
「写真を撮って良いですか?」と聞いたら、ちょっと厳しい表情で、「何に
使うんだ?」と言われ、「日記に載せたい」と言ったら、「しゃあねえな。」
と撮らせてくれました。

その後、あれこれ質問してたら、すごくきれいな寄木のシートを2枚くれました。
図々しくも、「もう2枚くれませんか?」とお願いしたら、「安くねーんだぞ!」
と言いながら、追加で2枚削ってくれました。
口は悪いけど、とても優しい職人さんでした。

小田原に行ったら、ぜひ寄木の体験教室に参加してみることをお勧めします。




10-24) 会話力の強化について
2010年07月20日(火) 16:42
从上上个星期起,在早上学习会上小发表会开始了。
每周一个人轮流做发表,另外的人用汉语问问题。
一半儿的人能适时问问题,包括我的另一半儿的人几乎只听了他们的对话。
我觉得如果我也和他们一样能说的话,就好了。我真嬖藺们。
参加学习会的人都不是让我客气的人,所以我一点儿也不觉得不好意思说,可是
我实在一句也想不起来了。别人正在说话时从旁适时插嘴还是很难。

对我来说,只听他们的对话也十分有意思,不过一个成员对我说,我肯定会说
话,应该积极地说话。
我不由得想起来了,以前我的汉语老师对我说同样的内容。大概就是我不足的一
点。我也许是个很多有点儿腼腆的日本学习者之一?

到去年为止,我的目标主要是取得HSK8级,今年的目标是提高会话能力和听力。
为了提高会话能力,今年年初我开始了朗读课文和背诵课文。聊天儿的时候,每次
造句完全来不及,所以我打算积蓄会话中使用的文章。
我相信背课文有一天对我的会话能力有效果,不过,首先比课文更简单的句子也
可以,我想达到能无意识地说话的状态。

我写博客的时候,先用日语写作文,然后翻译成中文。
我的词汇不多的时候,这样做为了丰富我的词汇和表现是很好的方法。
可是,会话的时候,要用已经知道的词汇造句,所以为了提高会话能力用汉语想
用汉语写作文也许更合适。今后,我说不定试着采取这个方法。

参加早上学习会的人都是很认真地学习汉语的人,我每次能受很好的刺激。
有的成员还对我说愿意和我一起练习会话。我有这样的很好的朋友们,非常高兴
非常感谢。

说实在的,我最近觉得我的学习内容有点儿陷于旧框框。
我这次打算为了提高我的会话能力重新研究学习方法。





先々週から、早朝勉強会でプチ発表会が始まりました。
毎週交代で1人が中国語で発表して、残りのメンバーが中国語で質問します。
メンバーの半分は頻繁に質問をして、私を含めた残りの半分は、ほとんどみん
なのやり取りを聞いているという感じ。私も彼らのように話せると良いなぁと
羨ましく思いました。
気を使うメンバーではないので、発言するのが恥ずかしい・・・なんてことは
ないんですが、本当に言葉が出てこない。人が話しているときに、タイムリー
に口を挟むのは、やっぱり難しいですね。

私にとっては、聞いているだけでも十分楽しいんですが、メンバーからは、も
っと話せるはずだから、積極的に会話に加わったほうが良いですよと言われま
した。
ずいぶん前に中国語教室の先生にも、似た様な事を言われた事があったなぁと
思い出しました。私に足らない点なんでしょうね。
私は良くいがちなシャイな(?)日本人学習者なのかも知れません。

去年までは、HSK8級取得を目標にしてきて、今年は会話力アップとリスニング
力アップを目標にしています。
会話力アップのために、今年からはテキストの音読&暗記を始めました。
会話の時に、考えてから話すのでは全然間に合わないので、文章のストックを
増やしておこうという意図です。
テキストの暗記は、いずれ役に立つと思ってますが、まずは、もっと簡単な言
葉でも良いので、無意識に口から出せるようになりたいです。

私はブログを書くときに、日本語の文章を書いて、それを中国語に訳していま
す。語彙が少ないうちは、新たな単語を覚えたり、表現を豊かにするために
は、とても良い方法だと思っています。
しかし、会話の時は知っている言葉で文章を組み立てる必要があるので、会話
力アップのためには、中国語で考えて中国語で書く方が良いかもしれないと思
いました。今後は、このやり方も試してみるかもしれません。

早朝勉強会の人は、みんな勉強熱心なので、本当に良い刺激になります。
また、会話練習に付き合うよと嬉しいことを言ってくれるメンバーもいました。
良いメンバーに恵まれて、本当に嬉しく、ありがたいです。

実は、ここ最近、勉強内容がマンネリになってきた様に感じていました。
ここで改めて、会話力アップのために、勉強方法を見直してみようと思います。





10-23) ホビロン&アオザイ美人(ベトナム旅行3日目PM)
2010年07月13日(火) 22:08
下午,我们重振精神在市内买了东西,还去做了脚部按摩。
街上有好几家商店卖很可爱的杂货的,怪不得越南受很多女士的欢迎。
杂货店
【杂货店】
越南饭馆儿1
【越南饭馆儿1】
越南饭馆儿2
【越南饭馆儿2】
午饭,我们是在很多当地人吃着的当地食堂吃了。我们越南语一句也不会说,
隔了好久用手指指着点菜了。炖鱼、炖茄子和白米饭等等,好像真是日本的
家常菜似的。
法式咖啡厅1
【法式咖啡厅1】
法式咖啡厅2
【法式咖啡厅2】

然后,我们去了有点儿怀古倾向的法式咖啡厅,点了甜点和咖啡。越南咖啡
味道很浓,还有独特的香味儿,我真稀罕这个东西。我来越南才知道,越南
竟然是出口咖啡世界第二的国家。
鳌戴小姐1
【鳌戴小姐1】
鳌戴小姐2
【鳌戴小姐2】
鸭仔蛋
【鸭仔蛋】
越南青年
【越南青年】

之后,我们在书店看见了年轻服务员小姐穿着鳌戴。
我们当时还没照鳌戴小姐的相片,我太太便选择了最漂亮的一位,请她跟我们
各各一起照个合影。
照了以后,那位小姐被大家逗得发窘,羞得她一溜烟走了,真可爱。

将要走的时候,越南一个男人突然用日语和我搭话说:“你喜欢鳌戴吗?”。
听他说,到去年为止,他在日本工作了三年,现在还坚持学下去日语。
不知道为什么,我们谈到越南名产(?)的鸭仔蛋,他建议我们从此跟他一起
去吃鸭仔蛋。我们跟他学着吃了。看起来,鸭仔蛋是奇形怪状的东西,怪味儿
却一点儿也没有。
摊床1
【摊床1】
摊床2
【摊床2】

在胡志明的最后一顿晚餐,我们在摊床吃了。
在外面吃很热,不过摊床的氛围还是很好。我们看见附近有一个日本人,而且
他一个人在吃饭,便请他来这儿一起吃饭。
不知为什么,去旅行的时候,我们能容易地向陌生人搭话。
幸亏他,我们晚饭吃得很开心。






午後は、気を取り直して、市内で買い物をしたり、足つぼマッサージへ行った
りしました。
街中には、かわいい雑貨が売っているお店がいくつもあり、ベトナムが女性に
人気があるのが、分かる気がしました。

昼ごはんは、地元の人で賑わっているローカルの食堂で食べました。言葉は
まったく通じないので、久しぶりに指差しでの注文です。魚の煮物、茄子の
煮物、ご飯などで、本当に日本の家庭料理と似た感じでした。

その後、ちょっとレトロなフランス風の喫茶店に行って、デザートとコーヒー
を頼みました。
ベトナムのコーヒーは、とても味が濃くて、また独特の香りがあって、めちゃ
めちゃ気に入りました。
ベトナムに行って初めて知ったのですが、ベトナムは世界第2位のコーヒー
輸出国なんですね。

その後、本屋さんで若い店員さんがアオザイを着ているのを見つけました。
まだ、アオザイ女性を写真に撮っていなかったので、かみさんが、一番きれい
な定員さんを選んで、私たちそれぞれと一緒に写真を撮ってもらうようにお願
いしました。
撮った後に、その店員さんはみんなから冷やかされて、照れてすぐにいなく
なってしまい、とても可愛らしかったです。

本屋を出ようとすると、ベトナム人の男性に、突然日本語で「アオザイ好き?」
と話しかけられました。
彼は去年まで3年間日本で働いていて、今も日本語を勉強しているとのこと。
なぜか、ベトナム名物(?)のホビロンの話になって、これから食べに行こう
ということになりました。彼に食べ方を教わりながら食べました。見かけは
グロテスクですが、まったく癖のない味でした。

ホーチミンでの最後の夕食は、屋台で食べました。
外で食べるのは暑いのですが、屋台はやっぱり雰囲気が良いです。近くで、
日本人の旅行者が1人で食事をしていたので、声をかけて一緒に食事をしま
した。
旅の時は、不思議と知らない人でも抵抗なく声をかけることができます。
おかげで、楽しい夕食になりました。




10-22) 戦争証跡博物館&ぼったくりタクシー(ベトナム旅行3日目AM)
2010年07月04日(日) 16:44
这次的内容是胡志明市旅行的第三天(最后一天)。
当天的晚上11点半左右,我们就要飞回日本了。

和平常一样,我们在饭店附近的饭馆儿吃了早饭,然后回到了饭店吃了水果,喝
了越南式咖啡。

路上的公园1
【路上的公园1】
路上的公园2
【路上的公园2】

之后,我们上午走着去了战争犯罪博物馆。
路上骑着摩托车的越南叔叔用日语问我们说:“你们要导游吗?”我们回答说:
“不要了,我们可以走着去。”他只是说:“好,好好玩儿吧!”
就走了。
胡志明市人大体上不怎么死气白赖地劝诱,给我的心情留下了好印象。

战争博物馆1
【战争博物馆1】
战争博物馆2
【战争博物馆2】

在战争犯罪博物馆里,有很多战车、直升飞和炸弹等等的陈列品。特别强烈的是
枯叶剂影响到的畸形孩子的照片和浸入福尔马林药液中的婴儿的标本,我非要感
觉到战争的残酷性不可。
都是想把脸转过去的东西,但是我觉得至少应该看一次。

战争博物馆3
【战争博物馆3】
战争博物馆4
【战争博物馆4】

那么一说,市内观光的时候,我看见了好几次一般的人把食料和金钱亲手交给了
残疾人(大概是受到枯叶剂的影响的人)的情景。第一天的导游也交给了他们一些钱。

看完了博物馆以后,我们打车去了市中心。
看来,汽车是比较新的,而且也有计价器,所以我判断了大概没有问题。
过了一会人以后,我看了计价器的时候,竟然已经是10万越南盾以上。
“我的天呢,我被骗了!” 我一边想着,一边对司机说:“请让我在这儿车。”
结果,他说,需要20万越南盾(大约1000日元左右),我不想费无益的劲儿,便
把20万越南盾交给他了。
没想到,他把20万越南盾的纸币偷偷地换成他自己的2万越南盾的纸币对我说,
“你给我的钱还不够”。
我生气强行下了车,他什么也没说,便走去了。

那个傻司机让我很不舒服,不过这件事却成了一个旅行的很好的回忆。




今回は、ホーチミン旅行の第3日目(最終日)です。
この日の夜23:30頃の飛行機で日本に帰ります。

いつもの様に、ホテルの近くで朝食を取り、ホテルに戻ってフルーツとベトナ
ムコーヒーをいただきました。

その後、午前中に、歩いて戦争証跡博物館へ行きました。
途中、バイクに乗ったベトナム人のおじさんが日本語で「ガイドするよ」と言
われましたが、「歩いて行くからいい」と言うと、「うん、分かった。楽しん
でね。」と行って、行ってしまいました。
全般的に言って、ホーチミンでは、みんなしつこくなく好印象でした。

戦争証跡博物館には、戦車とかヘリコプターとか爆弾などがたくさん展示され
ていました。なかでも強烈だったのは、枯葉剤の影響で奇形になった子供の写
真とか、ホルマリン漬けにされた赤ちゃんの標本で、戦争のえげつなさを感じ
ざるを得ませんました。
どれも目を覆いたくなるものでしたが、一度は見ておく必要はあると思いました。

そういえば、市内観光の時に、街中の障がい者(たぶん枯葉剤の影響を受けた
人)に、一般の人が、食料を渡したり、お金を渡したりしているのを何度も見
かけました。初日のガイドさんもお金を渡していました。

博物館を見た後、タクシーで町の中心部に移動しました。
比較的きれいな車で、メーターも付いているので、まあ大丈夫だろうと乗りま
した。しばらくして、メータを見ると、なんと既に10万ドン以上になってい
ます。
「やられた!騙された!」と思いながら、ここで下してくれと言いました。
結局、運転手には20万ドン(約1000円)だと言われ、面倒なので、彼に20万ド
ン渡しました。
すると驚くことに、20万ドン札をこっそり自分の2万ドン札とすり替えて、
「これじゃ、足らない」と言う。
頭に来たので、強引にタクシーを降りたら、そのまま走り去って行きました。

あのふざけたタクシーの運転手にはむかついたけど、良い旅の思い出になりま
した。




Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog