中国旅行をきっかけに、2007年2月に中国語の勉強を開始。仕事の合間に学習を続け、2年弱で中検2級、3年弱でHSK8級を取得しました。 日々の出来事、思った事など中国語で書いていきます。
09-25) 西安旅行(4日目PM)大雁塔&噴水ショー
2009年05月28日(木) 00:38
告别了刘小姐她们后,我们跟着张小姐去了市中心东大街。

在那里,我们去了新华书店和外文书店,终于买到了第二天前两天没找到的
中文课本。
之后,我们在星巴克喝了咖啡聊了天儿,在回民街转了转。
由于昨天爬山的疲乏还没解过来,我们没怎么参观很多景点,过得很悠闲。
对出生于西安以及正在学习导游之中的张小姐来说,那天的行动活动也许不够
干头丰富多彩
可是,对我们来说,能跟她用汉语和日语聊了很多天儿很多就觉得过得非常愉


大雁塔附近的公园
【大雁塔附近的公园】

后来,我们去了大雁塔。听说大雁塔附近每天晚上有很漂亮的喷水秀,刘小姐和
张小姐都说了建议我们最好一定看。
大雁塔的周围非常好看整齐的地方漂亮而整洁,听说那里是年轻人的约会的
地方。
喷水秀每天晚上八点半开始,开始之前,刘小姐和彭小姐汇合也来了。
张小姐已经看过几次那一天陪我们一起去了把我们带到了最好的地方
位置


喷水秀1
【喷水秀1】
喷水秀2
【喷水秀2】

大雁塔的喷水秀,连在游览手册中也不写着并没有介绍,老实说,我太期待
但是,喷水秀它却真是精彩得令人吃惊惊叹地漂亮,我非常感动
按着随着播放的歌曲乐曲的节拍好几个无数的喷泉不断的变换着的颜色和形状
时时刻刻地变成了,真是无比壮观
为度过这次旅行的最后一晚上,我觉得这个表演真合适。
这个表演恰到好处地把我们的这次旅行推到了最精彩的一幕。


后来,我们一起去附近的餐厅吃了晚饭。
我和我朋友喝啤酒的时候,彭小姐批评了我们说,喝酒对身体不好。
这里的女士们真是稳重自律啊。

认识几天,我们难以相信意外地成了好朋友。

回到饭店的时间都过十一点了,我们又去了按摩店。
明天第二天我们终于得回日本




劉さんたちと別れた後、張さんに連れられて、東大街という市の中心部に
移動しました。

また、新華書店、外文書店に行って、2日目に見つけられなかった教科書
をようやく買えました。
その後、スタバでコーヒー飲んでおしゃべりをしたり、イスラム街をブラ
ブラしたりしました。
前の日の山登りの疲れが残っていたので、観光はあまりせず、のんびり
過ごしました。
西安出身でガイド勉強中の張さんにとっては、ちょっと物足りなかったかも
しれません。私たちにとっては、張さんと中国語や日本語で、いろんな話を
して、とても楽しく過ごしました。
その後、大雁塔に行きました。·大雁塔の付近では毎晩とても奇麗な噴水
ショーがあって、劉さんも張さんも絶対に見た方が良いと言ってました。
大雁塔の周辺はとても奇麗に整備されていて、若者のデートスポットに
なっているそうです。
大雁塔の噴水ショーは毎晩20:30からで、その前に劉さんと彭さんも合流
しました。張さんは、既に何回か見たことのあり、ベストポジションに
連れて行ってくれました。

大雁塔の噴水は、ガイドブックにも載っておらず、実はそれほど期待して
いませんでした。
ところが、噴水ショーは本当に驚くほど綺麗で,とても感動しました。
ものすごい数の噴水が、流れている曲に合わせて、色と形が刻々と変わっ
て行くのです。
今回の旅行のクライマックスにふさわしいショーでした。

その後、近くのレストランに行って、みんなで食事をしました。
我々がビールを飲んでたら、彭さんにお酒は体に良くないと叱られました。
こちらの女性はしっかりしてますね。

会ってからまだ数日ですが、とてもそうは思えない程仲良くなりました。

ホテルに戻ったのは11時過ぎでしたが、それからマッサージに行きました。
明日はとうとう日本に帰らなくてはいけません。



Read more>>

09-24) 西安旅行(4日目AM)明代の城壁&大学キャンパス見学
2009年05月21日(木) 23:16
那一天,刘小姐要上,她请了导游旅游学校的同学张小姐替她为我们做导游。
(说实在的,前一天、前二天前天和昨天,刘小姐都旷了课为我们做导游。)

张小姐出生于西安,是个说话语气很温和的人。
她曾经在日本的京都工作了三年,会说日语,而且说得很流利。她说,在日本的
生活对她来说很愉快,不想回中国。她现在学习导游,想要获得取得导游的资格。

明城墙
【明城墙】
从城墙上拍摄的风景1
【从城墙上拍摄的风景1】
从城墙上拍摄的风景2
【从城墙上拍摄的风景2】

那一天,我们打算观光西安市内观光,首先去了明城墙。
在西安明代的城墙仍然几乎完全残存了下来为了要想进入城内,
都要穿过城墙的大门。
门口站着一个装扮成兵士的人,我们和他照了一张相后,登上了城墙
城墙竟然有大约十五米宽,有三十六公里。不知是因为平日还是怎么的,
城墙上没有几个人,令人感到心情很舒适舒畅
据说在城墙上可以骑自行车,我看城墙十分坚固,连汽车也能通过

大学的食堂
【大学的食堂】
后来,我们去了西安外语大学,参观了大学校园。
在大学校园里转了转后,我们中午和刘小姐汇流汇合了。
午饭,刘小姐在大学食堂请。我们吃了莲菜的饺子、辣的面条、还有其他
很多种类的菜。大学的食堂也好吃,我很满足满意

下午的课开始之前,刘小姐把我们介绍给她的同学们。在这儿、刘小姐还是有点
显得像是他们的领导。
他们都是很随和的人,用刚学的日语跟我们打了招呼了我们
我们一起聊天儿的时候,他们围着我们,可是我一端起了照相机,他们都就
把脸背过去,或者逃出教室去了。我感觉他们很腼腆,很可爱

我们告别了刘小姐的同学,又去市内参观




その日は、劉さんが授業のため、ガイド学校のクラスメートの張さんがガイドを
してくれました。
(実は、劉さんは前日、前々日とも授業をサボってガイドしてくれたのでした)

張さんは西安出身で、物腰の柔らかい話し方をする人でした。以前に日本の
京都で3年程働いていた事があり、日本語はとても上手です。日本での生活は
彼女にとってとても楽しく、帰って来たくなかったそうです。今はガイドの
資格を取るために勉強しています。

その日は、西安市内を観光する予定になっていて、まずは明城壁に行きました。
西安には、明時代の城壁がほぼ完全に残っているそうで、城内に入るには、
城壁を通る必要があります。
入口には、兵士の格好をした人がいて、記念に写真を撮った後、城壁に登り
ました。
城壁はなんと幅が15メートル程もあり、一周で36キロメートルもあるそうです。
平日だったためか、城壁の上にはあまり人がいず、とても気分が良かったです。
城壁の上を自転車で走れるそうですが、私が見るに城壁は非常に頑丈で、車
でも通れそうな感じでした。

その後、西安外国語大学に移動して、大学のキャンパスを見学しました。
大学のキャンパスの中をぶらぶらした後で、お昼に劉さんと合流しました。
昼食は、劉さんが大学の食堂でご馳走してくれました。レンコンの餃子とか
麺類、その他いろんな物を食べました。大学の食堂もなかなか美味しくて
満足でした。

午後の授業が始まる前に、劉さんのクラスメートを紹介してもらいました。
ここでも劉さんは、みんなのリーダーの様でした。
みんなとてもフレンドリーで、覚えたての日本語で挨拶してくれました。
話している時は、周りにいるのですが、写真を撮ろうとすると、とたんに
顔を背けたり、教室から逃げ出したりします。とてもシャイでかわいかったです。

劉さんと彼女のクラスメートと別れて、再び市内観光に出かけました。



Read more>>

09-23) 西安旅行(3日目PM)崋山登山その2
2009年05月13日(水) 00:41
第三天下午我们终于爬华山了。

换乘小客车移动到达目的地之后,我们便上了叫三特索道的缆车去了
据说缆车的全长1524米,高低差755米,倾斜角度495/1000左右
我觉得哪怕一坐这个缆车,华山是个值得去的地方。

三特索道
【三特索道】
山坡的阶段
【山坡的阶段】

到终点下,跟之前听说一样,到处都是有意想不到的很陡峭无比
阶段阶梯,其险要壮观,超出了我们的想象
与其说是山路不如说是巨大的岩石上雕刻的很狭窄的阶段阶梯,我们只顾爬下
去了。
一个劲儿地往上爬,山道十分陡峭,
脚一滑可能丧命的陡峭的山道
可是我没怎么感到可怕。

华山的山路1
【华山的山路1】
华山的山路2
【华山的山路2】

只爬山十分不容易,没想到,我到了有些人把几十公斤重的行李
扛着走。
天气很好,远远望去,景色好像水墨画似的,非常好看。
有去西安的机会的人,我觉得最好一定最好去华山看看

华山的景色1
【华山的景色1】
华山的景色2
【华山的景色2】

山顶的附近有叫长空栈道的非常危险的地方,一条在悬崖绝壁上凿孔
木桩,铺上木板而成的窄路羊肠小路,非常险峻。太可惜了,我们没有
时间,没到达那里

长空栈道
【长空栈道】

下山后,我们在市中心的钟楼刘小姐和彭小姐拜拜了(or 告了别)
钟楼的附近被照明街灯照得亮堂堂,非常漂亮。
后来,我们在回民街逛了逛,吃了一些西安特产的东西特色小吃羊肉泡馍,
羊肉串和柿子饼什么的。
在饭馆儿里,服务员小姐说没有冰镇啤酒,按中国的习俗,我们用不冷不热
温吞吞
的啤酒干
我问那个服务员小姐有没有冰镇啤酒的时候,她脸上带着很可怕的表情说
:“啊?”,可是此后她一直微笑着笑吟吟的,大概并不是没有生我们的气。

钟楼
【钟楼】
钟楼附近
【钟楼附近】

吃完饭后,我们为了消除解除爬山的疲劳,又接受了足部按摩这一天过得
是再好不过的一天

※顺便说一下,华山的发音不是 (huáshān) ,而是 (huàshān)。




三日目の午後は、いよいよ崋山に登りました。

ミニバスに乗り換えて移動した後、三特索道というロープウェーに乗りました。
ロープウェーは、全長1524m、高低差755m、傾斜が1,000分の495もあるそうで、
このロープウェーに乗るだけでも崋山に行く価値は十分あると思います。

ロープウェーから降りると、噂に聞いていた通り、とんでもない傾斜の階段が
至る所にありました。
山道と言うよりは岩の上に細く階段が彫ってある感じで、ひたすらそこを登って
いきました。
足を滑らせると死んでしまいそうですが、それほど怖くは感じませんでした。

普通に登るだけでも大変なのに、何人か肩に数十キロの荷物を担いだ人が、
山に登って行くのには驚きました。
天気も良く、遠くを眺めると水墨画の様でとてもきれいでした。
西安に行く機会があったら、ぜひ行ってみて欲しいです。

頂上の近くに、長空桟道という絶壁に板が張り付けてあるだけの超危険な道があるの
ですが、残念ながら時間切れでそこにはたどり着きませんでした。

登山から帰って、市の中心部の鐘楼で、劉さん、彭さんと別れました。
鐘楼の付近はライトアップされ、とてもきれいでした。
そこから、イスラム街を歩いて、西安名物の羊肉泡馍や羊肉串、柿子餅などを
食べました。

従業員に冷たいビールはないと言われて、中国らしくぬるいビールで乾杯しました。
若い従業員に冷たいビールはあるかと聞いた時、怖い顔で「アン↗」と言われ
ましたが、その後ニコニコしてたので、怒ってるわけではなさそうです。

食事の後、フットマッサージで山登りの疲れを取り、大満喫の1日でした。

※ところで、「崋山」の発音は、(huáshān) ではなく(huàshān)なのですね。





Read more>>

09-22) 西安旅行(3日目AM)崋山登山その1
2009年05月09日(土) 01:52
第三天,刘小姐的同学彭小姐加入了我们当中我们一共有四个人去爬华山了。

为了爬华山,我们利用参加面对中国人当地的一日游
旅游车按顺序接了各饭店游客,我们的饭店排在最后,车来的时候,
已经客满了。

旅行バス

我们乘上上车的时候,不知道是否因为我们看上去明显显得不是中国人还是
怎么的
,很多游客津津有味地盯着我们。

汽车里的日本人只是我们俩,另外的都是中国游客。
中国游客非常爱谈话,不管认识的人还是不认识的人,他们都互相愉快地谈话,
车里非常热闹。是在日本不会的气氛。


旅行客


重庆来的集体一组人的代表用麦克风作了自我介绍之后接着我也
以日本人代表的身份作了自我介绍。
我只说了很简单的内容,总之大家听懂了我说的汉语,我很高兴。

到华山需要两个小时,在那以前期间,我跟旁边的伯伯谈话,还跟刘小姐
学了用手机输入拼音输入的方法。听说我的朋友好像跟彭小姐受了汉语
发音的特别训练。

到了以后,大家在山脚下的饭馆儿吃午饭,可是我们不怎么饿,只吃了她们
买来的小吃之类。像牛肉干似的豆腐干,野山椒味儿的鸡爪和葵花子儿等等。
都是第一次吃,很好吃
我很想喝啤酒,可是临到爬山之前,我只好不喝作罢
后来,我买了一些那些小吃,回到日本后,一边喝了就着啤酒一边吃了。
而吃午饭之间的这一阵功夫,我的朋友大大提高了吃瓜子的技术很多

对了,从此以后现在开始,我们终于要爬华山




3日目は、劉さんの同級生の彭さんが加わり、4人で崋山登山に行きました。

崋山登山には、中国人向けの日帰りツアーを利用しました。
ツアーのバスが、順番にホテルを回って、ツアー客を拾って行くのですが、
私たちのホテルが最後で、バスが来た時には既に乗客で一杯でした。

私たちが乗り込むと、私たちが中国人でないと分かるからか、たくさんの
人から興味津津にジロジロと見られました。

バスの中で日本人は我々2人だけで、あとはみな中国人観光客でした。
中国の旅行客は話すのが好きで、知ってる人でも知らない人でも、お互い
楽しそうに話していて、バスの中はかなり賑やかでした。
日本ではありえない雰囲気です。
重慶から来たグループの人がマイクで自己紹介をしたのに続いて、私も
日本人代表で簡単に自己紹介をしました。
簡単な中国語でしたが、何はともあれ通じて良かったです。

崋山までは2時間程かかり、その間、隣の人と話したり、劉さんに携帯を借りて
ピンイン入力の方法を練習しました。
友人は彭さんから発音の特訓を受けたそうです。

山のふもとで昼御飯になりましたが、それ程おなかが空いてなかったので、
彼女らが買ってきたつまみを食べました。
ビーフジャーキーみたいな豆腐、野山椒で漬けた鳥の爪、ひまわりの種など。
どれも初めて食べましたが、おいしくて、ビールが飲みたくなりました。
しかし、山登りの前なので止めておきました。

後でこれらのつまみを買って、日本に帰ってから、ビールを飲みながら食べ
ました。
昼ご飯の間に、友人は、ひまわりの種を食べるのがかなりうまくなりました。

さて、これからいよいよ崋山登山です。

Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog